AGA治療薬はやめるとどうなる?続けたほうがいいの?

AGA

髪の状態がよくなってきた!AGA治療薬をやめるとどうなる?

AGA治療薬で状態がよくなれば、どのタイミングで薬をやめればいいのでしょう?

例えばフサフサになった場合、薬をやめても維持できるのか気になりますよね。

病気にもよりますが、本来完治すれば薬の服用はしなくてすむはずです。

しかも、AGA治療薬の場合、健康保険が適用されないため全額自己負担です。

それを考えると、状態がよくなれば、あとは自力で改善しようと考える人もいるかもしれませんね。

薄毛やハゲに悩まされる人は多くいても、本格的な治療に踏み切る人は一握りです。

なので、やめるタイミングまではあまり知られていません。

そこで、AGA治療薬をやめるとどうなってしまうのか解説します。

この記事で解説する「AGA治療薬」とは

AGA治療薬とは、AGA治療専門のクリニックで処方してもらうお薬です。

そのなかでも、プロペシアザガーロは代表的な内服薬になります。

プロペシアは、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を阻害させる効果があります。

ザガーロも同じ効果になりますが、プロペシアよりも強力です。

そのため、プロペシアで思うように効果が出なかった人にはザガーロで改善される場合があります。

しかも、プロペシアの方がより高い発毛効果に期待できるといわれています。

これらのAGA治療薬は、一般の皮膚科では処方されません。

なので、今回の記事で解説するAGA治療薬とは、専門クリニックによる処方薬にかぎります。

【本題】AGA治療薬をやめるとどんな変化がある?

AGAを発症している人の抜け毛は、正常な抜け毛とは違います。

頭皮が薄くなる、もしくはハゲてしまうほどの進行性の脱毛症です。

男性ホルモンの1種であるジヒドロテストステロンと5αリダクターゼが結びつくことで引きおこされます。

そこで、先ほど紹介した薬によって結合しないよう、抑制したり阻害するわけです。

でも、残念なことにAGA治療薬といいながらも、完治させるほどの効果はありません。

抜け毛を減らして発毛できたとしても、薬の作用でそうさせているだけにすぎないのです。

つまり、薄毛やハゲを治す根本的な解決にはならないわけですね。

なので、治療でせっかく改善しても、薬をやめると症状が元に戻る可能性が高いといえます。

実際にAGA治療薬をやめてリバウンドした方の体験談

専門クリニックの公式ページには、AGA治療で改善した症例写真が多くあります。

ですが、その人たちは今でもフサフサを維持できているのかはわかりません。

そこで、実際にAGA治療薬をやめてリバウンドした方の体験談を紹介します。

ミノキシジルの効果で血行が促進され、発毛しましたが、飲むことをやめればミノキシジルの効果がなくなり元に戻ります。 
AGAは体質なので完治はできません。 
つまり、また少しづつAGAが進行していくということです。

出典 : ミノキシジルを飲むのをやめるとどうなるのか

治療が可能とはいえ、AGAは体質であることも一理ありますね。

薬によって一時的な体質改善は可能です。

でも、薬の効果が切れれば元の体質が復活するといえそうです。

この3年間で、最長1週間、プロペシアをやめたことがあります。ただ、1週間で感じたことは、そのさらに1週間後くらいに髪に現れてきました。 
特に抜け毛の本数が増えたということではなかったのですが、髪にコシがなく、ぺっちゃりとしてしまいました。髪型も以前のように少しクシでとかせばOKっとはいかず、どうやってもまとまらずに地肌が透けて見えてしまいました。

出典 : AGA治療院で本気の薄毛対策

こちらの男性は、たった1週間やめただけで髪の変化に気づいています。

それほど、薬の作用が強いことがわかるのではないでしょうか。

1か月目からかなり薄毛の進行が著しいですが、ハゲて元々の僕ですから、仕方ありません(笑) 
しかし、今回の件で分かる事は、やはりAGA治療薬というのは凄い効果があるという実感です。

出典 : 実践日誌第4弾!AGA治療やめたら若ハゲ復活か?

こちらの男性は、故意にすべての治療薬をやめてどうなるのか実体験しています。

AGA治療前、AGA治療後、そして薬をやめて1か月後の写真を掲載しています。

治療の成果もむなしく薄毛の進行が確認できるので、やはり薬による効果は絶大のようです。

こんな人は逆にAGA治療薬をやめたほうがいいかも!?

AGA治療薬によって、抜け毛を減らし現状維持や満足する結果を得られる人もいます。

クリニックのホームページやブログなどで治療後の写真を見ると、勇気づけられるかもしれません。

でも、AGA治療薬は、すべての人におすすめできる治療法とは言い切れません。

そこで、こんな人はやめたほうがいい事例を紹介します。

副作用が発生した人

どのような治療薬にしろ、薬には効果と副作用どちらも備わっています。

それに加え、薬を作用させるには肝臓で分解するため、臓器への負担もかかります。

なので、AGA治療クリニックでは、治療薬に耐えうる身体であるか定期的に血液検査を行います。

主な副作用としては、性機能へのあらゆる影響が報告されています。

とくに、子供をつくる予定のある人には深刻な副作用となりそうです。

金銭的な理由で継続できない人

冒頭でも少し話したように、AGA治療は全額自己負担です。

クリニックによっては、高額治療のイメージを払しょくさせるプランが続々と登場しています。

ですが、安い費用で満足する結果が得られることはほとんどないでしょう。

さらに、効果までには長い時間もかかるため、それだけ治療費が負担になることもあります。

食費をけずり、遊びを我慢して捻出したお金で通院しても、思うような結果はでないかもしれません。

ストレスや栄養不足はAGAとは別の抜け毛につながるからです。

1年以上使って効果が実感できない人

残念ながら、1年以上治療薬を続けても実感できなければ、やめたほうがいいかもしれません。

そもそも、薬を服用することは、身体への大きな負担になります。

ビタミンやミネラルなどの栄養をフル回転させて分解しているからです。

栄養素は、生命を維持する部位を優先して修復する機能が備わっています。

薬を分解しなければ生命を脅かす危険があると判断するため、必死に臓器を働かせているんです。

なので、薬を続ける以上はどこかしらに悪い影響を与える可能性があります。

メリットよりデメリットの方が上回るなら、今後の健康のためにやめる方がいいといえますね。

AGA治療薬をやめる場合は一度クリニックで相談するのもあり!

何らかの事情により薬をやめようと思ったら、一度クリニックに相談するのもありですよ。

仮に、何年も続けたのに効果のない人は自己判断でやめてもかまいません。

ただし、効果に期待しすぎて早々にやめてしまう人もいます。

また、治療費や身体の負担が気になってやめたくなる人もいます。

こういった場合には、ドクターに相談するのが一番です。

たとえば、薄毛の状態を見ながら薬の量を減らすことを提案してくれたりしますよ。

AGA治療薬をやめた後の対処法

AGA治療薬をやめた場合、そのほかの対処法で育毛ケアをしていきましょう。

薬による絶大な効果があったにしろ、ないにしろ、やめたからといって諦めることはないのです!

まして、AGAの治療は内服薬や外用薬がすべてではありません。

そこで、どのような対処法があるのか紹介します。

価格が安いヘアアイテムを使う

価格が安いヘアアイテムはいろいろあります。

しかしドラッグストアなどで販売される、あまりに安い商品はおすすめしません。

スカルプ系やトニック系のスカッと爽快感を与えるような商品はやめておきましょう。

かといって、お高い育毛剤は、軽く1万円を超えてしまって手が届きにくいですよね。

なので、ポリピュアEXなどの比較的リーズナブルな価格帯のアイテムを選んではいかがでしょう。

ポリピュアEXは、男女兼用の医薬部外品の育毛剤です。

1本120mlで、都度購入のお値段は7,800円(税込み・送料別)

定期コースだと、13%Offの6,800円(税込み・送料無料)です。

しかも、いつでもサイクルの変更やお休みが可能ですよ。

さらに効果が期待できる治療法を試す

AGAは、内服薬や外用薬による治療が一般的です。

でも、それだけがすべてではありません。

直接頭皮に施術を行う育毛メソセラピーハーグ療法などの治療をするクリニックもありますよ。

育毛メソセラピーとは、薄毛やハゲの部分にレーザーや超音波をあてて発毛に必要な成分を浸透させます。

1度の施術料金がお高めですが、脱毛をしっかり防ぎ薄毛を食い止める治療法です。

そして、ハーグ療法とは、細胞の元となる幹細胞を直接頭皮に注入して発毛機能を活性化させます。

AGA治療法の中で、唯一根本的に治る可能性がある治療法です。

注入して治療が終わった後も、発毛が続くため再生医療といえるでしょう。

やめる場合は

今や薄毛やハゲは治療できるものと定着しつつあります。

しかも、クリニックのホームページでは費用面で気軽に治療できるようなプランも打ち出しています。

なので、フサフサを夢見て通院しようとする人も多いはずです。

ところが、AGA治療薬をやめてしまうと再び薄毛やハゲの進行が復活します。

一生、服用し続けなければならないことを考えれば、気が重いかもしれません。

もちろん、それで維持できるなら問題ないと考える人もたくさんいるでしょう。

でも、やめる人たちの中には、ドクターと相談して徐々に薬を減らして維持できるような工夫もされています。

得られた効果を少しでも維持するための打開策がクリニックにあるかもしれません。

迷ったら、クリニックに相談するのが一番といえそうです。