ハゲの要因にコーヒーの飲みすぎが!?そんなことあるの?

ハゲ

ハゲの要因の1つにコーヒーの飲みすぎって考えられる?

眠気を覚ましたりダイエット効果が期待できたり。

男女ともに人気のあるコーヒー

キリッとした苦味が気持ちもシャッキリとさせてくれますよね。

朝食時やブレイクタイムなど、お供にしている方も多いのではないでしょうか。

しかしそんなコーヒーですが「飲みすぎるとハゲになりやすくなる」という噂があるのをご存知でしたか?

果たして本当に、ハゲとコーヒーの飲みすぎには関係があるのでしょうか?

今回は気になる関係性と、コーヒー以外にも気をつけたい飲み物もご紹介します!

コーヒーの飲みすぎがハゲにつながる!?

では早速噂の真偽について触れていきましょう。

結論から言うと、コーヒーの飲み過ぎが原因でハゲてしまう可能性はあります

しかし当然ながら、飲んだからといって必ずハゲるわけではありません。

ここでのポイントは「飲みすぎると」ハゲの要因になってしまうということ。

どんなに栄養価の高いものでも、過剰に摂取してしまうと、身体にとっては悪影響を及ぼしてしまいます。

コーヒーも同じように、適量であれば問題ありませんが、飲みすぎは害になってしまうのです。

ではなぜハゲに繋がってしまうのか、その理由は以下で解説します。

コーヒーを飲みすぎるとハゲてしまうのはなぜ?

コーヒーに覚醒作用があることは広く知られていますね。

この作用には、「カフェイン」が関係しています。

適量取る分には頭をスッキリとさせ仕事の効率をアップさせるなど、いい働きも期待できるカフェイン。

しかしコーヒーの飲み過ぎがハゲると言われる理由には、このカフェインが関係しているのです。

では具体的にコーヒーを飲みすぎると、髪の毛にどのような影響を与えるのかご紹介していきましょう。

カフェインがアデノシンを抑制するから

カフェインが原因でハゲる理由の1つが、アデノシンの抑制作用です。

アデノシンは睡眠物質とも言われ、脳内にある受容体と結合することで眠気を促します。

そして、カフェインにもこのアデノシン受容体と結合するという特徴があります。

コーヒーに覚醒作用があるのは、カフェインが受容体と結合することで、アデノシンの結合を阻害するためです。

実は、アデノシンが持つ作用は単なる睡眠導入の役割だけではありません。

アデノシンは毛根部にある毛乳頭に働きかけ、発毛を促進する成長因子を作り出す作用があります。

つまりアデノシンが過剰に抑制されると、髪の毛の成長が滞りハゲやすくなってしまうということ。

毎晩コーヒーを飲んで徹夜をしている方などは、特に注意が必要でしょう。

カフェインが睡眠の質を落とすから

1日のうち、コーヒーを頻繁に飲んでいると、睡眠の質が落ちてしまいます。

これは、カフェインが脳の中枢に働きかけ、興奮させる作用があるためです。

通常であれば睡眠は脳の情報整理を行い、心身を休ませる大切な時間。

そして眠りが深い頃に、髪の毛の成長に関わる成長ホルモンと呼ばれる物質が分泌されるようになります。

しかしカフェインによって興奮状態が続いていると、深い眠りにつけず成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます

すると身体の疲れが取れないばかりか、髪の毛の成長がストップする要因にもなってしまうのですね。

ハゲが気になる方は、特に睡眠前のコーヒーは控えるようにしましょう。

身体の冷えにつながるから

コーヒーの飲み過ぎがハゲに繋がる最後の理由は、身体の冷えを招くためです。

夏などの暑い日には、アイスコーヒーも美味しくなりますよね。

少量であれば、むしろ代謝をあげて身体を温める作用が期待されるコーヒー。

しかし、何杯も飲むと知らず知らずのうちに身体は体温を奪われてしまいます。

これは、カフェインに脳の血管を収縮させる作用があるため。

髪の毛を成長させるためには、血液とともに栄養素を頭皮まで運ばなければなりません。

しかし血管が収縮することで頭皮は栄養不足となり、ハゲを招いてしまうのです。

ホットでもアイスであっても、コーヒーは多くても1日に3杯ほどに留めるようにしましょうね。

コーヒーはハゲに良い効能を与えることもある!?

コーヒーの飲み過ぎが、ハゲに繋がる理由がお分りいただけたかと思います。

カフェインの過剰摂取には気をつけたいところですね。

ではコーヒーは必ずしもハゲに悪影響を与えるばかりかというと、そうとも言いきれません。

上手に摂取すれば、ハゲにとって良い効果を与えてくれる面もあるのですよ。

続いては、コーヒーがハゲにもたらす嬉しい効果を2つご紹介します。

カフェインがDHTを抑制する

ハゲる原因になりかねないカフェイン。

しかし一方で、ハゲの原因となるDHTを抑制する効果があるとも言われています。

DHTとは脱毛因子を持つ男性ホルモンの一種で、M字ハゲやO字ハゲなど、男性特有のハゲを引き起こす物質のこと。

DHTは尿と共に排出される性質を持っています。

そのため利尿作用のあるカフェインを摂取することで、脱毛を引き起こすDHTの排出を促せると考えられているのですね。

しかし実のところ、この説は科学的に立証されていません。

あくまで「ハゲの抑制効果に多少期待できるかもしれない」程度に考えておきましょう。

クロロゲン酸には抗酸化作用がある

コーヒーに含まれている成分の1つに、クロロゲン酸と呼ばれるものがあります。

これはポリフェノールの一種で、コーヒーの苦みや香りの元となるもの。

コーヒーというとカフェインのイメージが強いですが、実は含有量自体はクロロゲン酸の方が多いんですよ。

さてポリフェノールといえば、優れた抗酸化作用を持っていることで知られていますね。

活性酸素は頭皮の細胞の老化を招き、頭皮環境を悪化させて髪の毛にダメージを与えてしまう要因に。

頭皮を若々しく、健康的な髪の毛を保つのにもクロロゲン酸は効果的なのですね。

また抗がん作用や動脈硬化の予防など、健康面でも嬉しい効果がたくさんありますよ。

コーヒー以外にも!飲みすぎるとハゲにつながる飲み物って?

ここまではコーヒーとハゲの関係性についてご紹介してきました。

実は、コーヒー以外にもハゲにつながる恐れのある飲み物は存在します。

きっと中には日常的に飲んでいるものもあるでしょう。

では最後に、番外編としてコーヒー以外の注意するべき飲み物をご紹介します!

お酒などのアルコール飲料

ハゲにつながる恐れのある飲み物、1つ目はアルコール類です。

アルコールも、適度であればむしろ血行を促進する作用もあり、一概にハゲにつながるとは言えません。

しかし飲みすぎると、肝臓でアルコールを分解するために大量の栄養素を消費。

そこで消費されるアミノ酸やビタミン類は、髪の毛を作るためにも必要な栄養素なのです。

飲み過ぎは控えて、飲酒した後は食事でしっかりと栄養素を摂るようにするといいでしょう。

ハゲが気になる方は、特に年末などの飲み会が重なる季節には注意してくださいね。

糖分が多いジュース

炭酸飲料やジュースなど、糖分が多い飲み物にも注意する必要があります。

糖質を代謝する際には、ビタミンB群を多く消費する必要があります。

ビタミンB群は頭皮の健康を維持し、健やかな髪の毛を育てるためにとても重要な役割を果たします。

そのため糖質の代謝によって欠乏してしまうと、頭皮環境の悪化に繋がってしまう可能性があるのですね。

また糖分はたんぱく質と結合して、たんぱく質を変性させる「糖化」という反応を引き起こします。

糖化は皮膚の老化を招き、同じく頭皮環境の悪化の原因となってしまうのですね。

また、糖分の摂りすぎはハゲだけではなく、動脈硬化や糖尿病など重大な健康トラブルの原因になりかねません。

健康のためにも、甘いものはほどほどに抑えるようにしておきましょう。

凍らせた飲み物

夏になるとコンビニやスーパーなどでも販売される凍ったドリンク

暑い時期にも、長時間冷えた状態をキープできることから、外出時には活躍しますよね。

凍らせた飲み物は、上手に活用すれば熱中症対策にも有効的です。

しかし、冷たい飲み物の摂りすぎは血行不良の原因になってしまいます。

前述のとおり、血行不良は髪の毛に栄養が届けられなくなってしまう要因。

ハゲの方にとっては血行不良は大敵なため、身体の冷やし過ぎには気をつけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

コーヒーとハゲに関係があるなんて、少し驚きでしたね。

適量摂取する分なら、リラックス効果や抗酸化作用など、むしろハゲにとっては嬉しい面もあるコーヒー。

しかし何事も摂りすぎは禁物です。

コーヒー以外にも、摂りすぎるとハゲにつながってしまう恐れのある飲み物や食べ物は存在します。

食事での栄養バランスも意識しつつ、疲れた時やリフレッシュしたい時にうまくコーヒーを取り入れてみてくださいね。