髪の毛を結んで寝るのにはどんなメリットがあるの?

髪の毛を結んで寝るのにメリットがある!?

一日疲れてお風呂に入ってほっと一息。

髪を乾かして歯を磨いて、さあ布団へ…。

でもその前にもうひと工程加えて、寝ながらもヘアケアしませんか?

その工程とは髪の毛を結ぶだけ

ではなぜそれだけでヘアケア効果があるのかを見ていきましょう。

髪の毛は寝ている間に傷んでいる!

髪の毛は頭皮を守るために一日中外気ストレスに耐えています。

そして、実は私たちが寝ている間も髪の毛の痛みは進んでいます

ではなぜ寝ているだけなのに傷んでしまうのか、その原因を見てみましょう。

摩擦を多く受ける

眠る場所は人によって様々です。

布団やベッド、人によってはソファなどでも寝ている方がいるかもしれません。

ですが横にならずに眠る人はほとんどいないでしょう。

横になるということは頭を枕などに乗せて寝るということですよね。

すると、髪の毛は頭と枕などの間に挟まり摩擦を受けてしまいます

これが眠っている間中続くため髪の痛みが進む原因となってしまいます。

髪が絡まる

寝ている間は無意識に頭を動かしています。

寝返りをうったりすることで髪の毛はあっちへ行ったりこっちへ行ったり。

すると広がった髪の毛同士が絡まってしまい、髪が傷む原因となるのです。

とくに髪が長い人は要注意。

さらに言えば寝相が悪い人も髪の絡まりが酷くなる可能性が高いので注意した方が良いでしょう。

例えば起きたときに抜け毛が落ちている場合は、もしかしたら髪が絡まったことで起きているかも知れません。

髪の毛を結んで寝ることで生まれるメリット

さて、このように髪は寝ている間にも痛みが進行してしまうことがわかりました。

ではこれらを防ぐのにはどうしたら良いのかと言うと、ここで髪の毛を結んで寝るという方法が挙げられます。

方法としてはとても簡単ですが、そもそもなぜ結んで寝ると髪に良いのでしょうか?

ここからは、そのメリットについて詳しく解説していきましょう。

摩擦を軽減できる

そもそも寝ている間に髪の毛が傷んでしまうのは髪が広がって摩擦が起きてしまうのが原因でした。

ということは、髪の毛が広がらないようにすれば摩擦が起きにくくなるということですね。

それを踏まえて、髪を結んで寝るのは広がらないようにするうえでとても有効です。

寝返りをしたときも広がりにくいので摩擦を軽減しながら、髪の絡まりも抑えてくれますよ。

髪の毛が伸びやすくなる

髪の毛をひっぱると髪が伸びやすくなるというのを聞いたことはありませんか?

特に強く引っ張るとよく伸びると言いますが、本当なのでしょうか?

実はこれ程度によっては本当かもしれないのです。

通常の髪の毛が伸びるというのは、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで成長していくことをさします。

対して強く引っ張ると髪の毛が伸びるというのは、引っ張られて無理に伸びている状態です。

そのため髪がより傷んだり細くなったり、変なクセが出てしまう原因にもなり得ます。

では髪の毛を結んで寝るのは逆効果では、と思われるかもしれませんが適度な刺激はむしろプラスです。

というのも適度な刺激によって頭皮の血行が促進され、髪の毛へ栄養が届けられることで成長を促進できためです。

髪の毛にボリュームができる

髪の毛を結んで寝ると、髪の状態を保つだけではなく翌日のおしゃれも簡単にすることができます。

特に朝寝起きに髪がぺたんとしていて、ボリュームを出すのに時間がかかる方におすすめ。

髪のボリュームが減る原因は眠っている間に頭と枕の間で圧迫されるためです。

寝返りが少ない人なんかは圧迫されている時間が長いので、よりぺったんこになりやすいでしょう。

この場合には頭頂部にゆるくお団子を結んで寝ると朝のボリュームを出しやすくなりますよ。

髪の毛を結んで寝ることで生まれるデメリット

髪の毛を結んで寝ることでさまざまなメリットがありましたね。

しかし、そんなメリットの反面デメリットも存在しています。

ではどんなデメリットがあるのかを詳しく見てみましょう。

頭皮が刺激される

さきほど髪の毛が伸びるというメリットの中で触れましたが、髪の毛を結ぶことで頭皮が刺激されます。

これにより髪の毛の成長を促進することができるとお伝えしましたが、やりすぎは禁物です。

例えば敏感肌の方や頭皮に炎症がある方などは、刺激に対して耐性が低くなっています。

にも関わらず入眠時にまで刺激がある状態を続けてしまうと、より頭皮の環境を悪化させてしまうことにもなりかねません。

髪の毛に結び目の跡がつく

髪を結んで寝るということは、寝ている間中ずっと結び続けているということになります。

とくにしっかりと結んでいると髪の毛に結び目の跡がついてしまいます。

例えば仕事の時に髪を結んでいて、仕事が終わった後にほどいたら結んでいた箇所だけ絞られているようになってしまったことはありませんか?

髪の毛を結んで寝ると、これと全く同じことが朝起きてしまうのです。

髪の毛を結んで寝るときの注意すべきポイント

髪の毛を結んで寝ることで得られるメリット・デメリットについてご紹介しました。

とはいえ出来る限りデメリットは減らしていきたいですよね。

そのためには以下に挙げるポイントに注意するようにしましょう。

強く結びすぎない

まず何よりも大切なことは強く結びすぎないことです。

強く結びすぎてしまうと頭皮や髪の毛を引っ張ってしまい髪質や頭皮環境の悪化へと繋がります。

結ぶときにはふんわりとゆるく、髪や頭皮に負担をかけないようにしましょう。

また、一般的なヘアゴムだと寝ているときに取れないようにするにはそこそこの強さで縛る必要があります。

ですので、結ぶときにはシュシュの使用がおすすめです。

よく髪を乾かしてから結ぶ

寝る前に髪の毛を洗っている人も少なくないかと思います。

ですがその場合にはしっかりと髪の毛を乾かすことを忘れないようにしましょう。

なぜかというと、髪は生乾きの状態が一番ダメージを受けやすいためです。

というのもシャワー後の髪の毛はキューティクルが開いている状態になっています。

髪を乾かすことでキューティクルを閉じることができるのでしっかりとドライヤーをするようにしましょう。

寝るときに頭に当たらない位置で結ぶ

髪をしっかり乾かしてシュシュを用意したらさっそく結んでみましょう。

と、ここでも一点注意したいポイントがあります。

結ぶ位置は寝ているときに頭にあたらない場所にしましょう。

頭にあたる位置にしてしまうと邪魔になって寝つきが悪くなりますし、起きたときの頭痛の原因にもなります。

かといってあまり低い位置で結ぶと体に引っ張られて抜け毛の原因になり得ますので、トップで結ぶのがおすすめです。

髪の毛に良い影響を与える他の夜ケア

髪の毛を結ぶだけで髪の毛の痛みやボリュームダウンを抑えられるなんて手軽ですよね。

そこで手軽ついでにもう少し夜ケアを増やして、より美しい髪を目指してみませんか?

夜ケアの方法は以下を参考にしてみてください。

洗い流さないトリートメント

代表的なヘアケア商品と言っても過言ではない洗い流さないトリートメントは、夜ケアにぴったりです。

こちらは洗い流さずに済む分夜中付けていられるので、保湿成分が髪の内部にまで浸透します。

髪のパサつきなどダメージが気になる方には特におすすめのケア方法です。

つけるタイミングとしてはタオルドライをした後、ドライヤーをする前が最適です。

このタイミングで使用することでキューティクルが開いた髪をケアし、ドライヤーの刺激からも守ってくれますよ。

ヘアブラッシング

髪の毛を乾かした後にそのまま結んでしまうと、髪の毛が絡まった状態で結んでしまうことになります。

てぐしでは細かい部分までほどけないためしっかりとブラッシングをしましょう。

ブラッシングをする際に気をつけて頂きたいのは無理に絡まりをほどかないことです。

髪を傷つけないように丁寧にブラッシングすることが美しい髪の毛を手に入れる近道です。

ドライタオル

寝る前に行うヘアケア方法でしたらドライタオルを取り入れて見てはいかがでしょうか?

ドライタオルはタオル地のシャワーキャップのような見た目をしています。

入浴後にドライタオルに髪の毛を入れることで髪の水分がより早く抜けるようになり、ドライヤーの時間短縮にもつながります。

生地もマイクロファイバーのものなど吸水性に優れたものが色々と出ていますので雑貨店などを除いてみましょう。

まとめ

今回は寝起きに困らない髪の毛のケア方法と、夜におすすめのヘアケアについてご紹介しました。

髪の毛は伸びれば伸びるほどケアが大変ですよね。

ですが美しいロングヘアは人の目を惹きつけるほど魅力的です。

寝る前にちょっとひと工夫して、誰よりも美しい髪の毛を目指していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です