育毛剤は医薬品?医薬部外品?どっちが本当なの?

育毛剤

育毛剤は医薬品じゃない!?医薬部外品って本当?

 

育毛について調べると出てくるのが、「医薬部外品」やら「医薬品」やらの文字。

なんとなく医薬品の方が効果が高そうなイメージはありますよね。

さて、育毛と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、育毛剤というアイテムではないでしょうか。

抜け毛予防や育毛促進の効果が謳われている育毛剤ですが、果たしてどちらに分類されるものなのでしょうか?

今回は医薬部外品と医薬品の違いから、育毛剤の持つ本来の効果について徹底追及!

2つの違いが分からないという方や、育毛剤選びにお困りの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

育毛剤は医薬部外品!

医薬品と医薬部外品、どちらもよく耳にする言葉ですね。

育毛剤はこのうち、医薬部外品に分類される商品になります。

医薬品に分類される育毛剤というのは存在しません。

せっかくなら、効果の高そうな医薬品の育毛剤を使いたいのに…とガッカリされてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

似た言葉の医薬品と医薬部外品ですが、そもそもこの2つには大きな違いがあります。

そこで続いては、医薬品と医薬部外品の違いについて詳しく見てみましょう。

医薬品と医薬部外品の違い

ここまで育毛剤は医薬部外品であることを解説してきました。

例えば薬局に行くと、医薬部外品は簡単に手に取れても、医薬品は薬剤師の説明がないと購入することはできないですよね。

それでは、そもそも医薬品と医薬部外品には、どのような違いがあるのでしょうか?

ここでは医薬品と医薬部外品の違いについて説明したいと思います。

医薬品とは

医薬品は、主に治療を目的とした薬のことです。

臨床試験を経て、病気の治療や改善に効果のあるものを医師のもとで処方します。

厳密には、一部市販で買える大衆薬もあります。

配合成分や配合量に一定の決まりがあり、効果や副作用、安全性について日本薬局法に記されています。

厚生労働省から効果・副作用ともにすべてを認められている薬なのです。

育毛剤は、育毛を促進させる効果は期待できるものの、発毛効果そのものは認められていません。

つまり、医薬品に値する効果がないため、医薬品の育毛剤がないわけです。

医薬部外品とは

医薬部外品も、厚生労働省が許可した範囲内の成分が一定濃度で配合されています。

しかし、治療できるほどの作用はなく、予防や衛生面を保つことを目的にしています。

人体に対して作用が穏やかなため、有効成分が配合されていても医薬品ほどの効果はありません。

副作用については、医薬品よりもずっとリスクが低くなります。

つまり、育毛剤は抜け毛を予防するなどの頭皮環境を整える効果といえます。

厚生労働省が許可した成分と売り出していても、直接的に毛が生えてくる効果は期待できないのです。

医薬部外品の育毛剤にはどんなものがある?

医薬部外品として売り出すには、審査や申請料などをすべてクリアしなければなりません。

厚生労働省が定めた範囲内の成分や配合量であるかが厳しくチェックされます。

それをすべてクリアしたものが、育毛剤や医薬部外品として記載できるようになります。

それでは、実際にどんな商品があるのか見てみましょう。

プランテルEX

まずご紹介するプランテルEXは、2018年にリニューアルされた育毛剤です。

厚生労働省が許可した3つの成分は以下の通りです。

  • センブリエキス
  • グリチンリチン酸2K
  • ジフェンヒドラミン塩酸塩

消炎効果に優れ、頭皮トラブルの予防効果の高い育毛剤です。

脱毛因子をブロックする成分も従来よりパワーアップし、髪の元となる16種のアミノ酸も新配合。

特許出願中の独自成分ペブプロミンαも配合されているので、価格以上の効果に期待できそうです。

このようなプランテルEXですが、リニューアル直後から人気が高まり、供給不足が続いていました。

現在では復旧していますが、いつ再び同じ状況に陥ってしまうのか、わからない状態です。

使用を検討される方は公式サイトをご覧のうえ、早めに購入されることをお勧めします。

運営スタッフ
プランテルEXは現在も供給不足が続いております。

以下の公式サイトのボタンをクリックしてページが表示されなかったら売り切れてしまっている状態です。

在庫がまだ残っていたらページが正常に表示されるので、公式サイトが表示されるかを確認し、もし在庫が残っていたらお早めに購入することをおすすめします。

公式サイトはこちら

ポリピュアEX

続いてご紹介するポリピュアEXは、モンドセレクション金賞を7年連続で受賞した高品質の育毛剤です。

ポリピュアEXには、以下の有効成分が配合されています。

  • グリルリチン酸ジカリウム
  • ニンジン抽出液
  • センブリエキス
  • パントテニルエチルエーテル

この他にもバイオポリリン酸とバイオパップスを配合しています。

これらの成分は保湿に効果を発揮して、頭皮環境を整えてくれる効果に期待ができます。

また低刺激にもこだわっているのが、このポリピュアEXの特徴です。

パッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテスト、放射性物質検査、以上4つの検査済みとなっています。

敏感肌の方でも安心して使用することができる育毛剤となっています。

公式サイトはこちら

イクオス

最後にご紹介するイクオスも、モンドセレクション金賞を3年連続で受賞した育毛剤です。

イクオスには、厚生労働省が許可した3つの成分が配合されています。

  • センブリエキス
  • グリチンリチン酸2K
  • 海藻エキス(M-034)

しかも、海藻エキスをトリプル配合することで、他社には真似できない育毛剤に進化しました。

そのほか、38種類の天然成分、16種類のアミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなどを配合。

これらの成分が頭皮環境を整えてくれる効果に期待ができます。

また、脱毛因子や脱毛酵素をブロックし、毛根に浸透するよう低分子化したナノ水をベースにしています。

そして、ダイレクトジェットノズルにリニューアルされ、より使いやすくなりました。

公式サイトはこちら

医薬品の発毛剤にはどんなものがある?

育毛剤は医薬部外品であることを、おわかりいただけたかと思います。

また医薬品は、治療を目的とした薬であることも説明してきました。

それでは、医薬品である発毛剤にはどのような商品があるのでしょうか?

続いて、発毛剤としてどのような商品があるのか、解説していきたいと思います。

リアップシリーズ

市販で手に入る発毛剤にはいくつかの商品が挙げられますが、今回はリアップをご紹介したいと思います。

発毛有効成分としてミノキシジルが配合されています。

リアップはシリーズ化されており、最大5%のミノキシジルが配合されたリアップX5プラスが有名ですね。

その他にも、爽快感を与えるリアップジェット、発毛環境を整えるリアッププラス。

女性バージョンには、ミノキシジル1%が配合されたエッセンスがありますよ。

ドラッグストアでも扱われますが、空箱や手の届かない場所で保管されています。

薬剤師による注意事項や説明あってようやく購入できます。

AGA治療薬

AGA治療のできる専門クリニックでは、効果の高い服用タイプの発毛剤を処方します。

たとえば、ロゲインは5%のミノキシジルが含まれる外用薬です。

男性だけでなく女性に向けたものもあり、液体タイプ、泡タイプなどの種類もあります。

また、外用薬だけでなく内服薬の治療の方が一般的です。

プロペシアザガーロで5αリダクターゼを抑制させ、男性ホルモンによる脱毛を予防します。

AGA治療薬もいろいろあるので、体質に合わせてドクターが適切に処方してくれますよ。

育毛剤(医薬部外品)と発毛剤(医薬品)はどっちがおすすめ?

効果だけを見れば誰しも医薬品である発毛剤の方が魅力的ですよね。

でも、医薬品は場合によって、副作用のリスクを背負うことがあります。

かゆみかぶれなどの程度の軽いものだけでなく、心臓、腎臓、肝臓への負担となってしまう可能性もあります。

そのため、内臓系に持病のある人は使用できないこともあります。

さらに、勃起不全乳房肥大、体毛が濃くなるなど思いもよらぬ副作用も報告されています。

そこで、どちらを使うべきなのか症状に合わせて選びましょう。

初心者は育毛剤から!

薄毛やハゲ対策の初心者さんは、医薬部外品の育毛剤からはじめてみましょう。

医薬品よりも効果は緩やかになってしまいます。

しかし、その代り副作用の心配がほとんどなく長期的なケアが可能です。

抜け毛、フケや皮脂の気になり始めであれば、育毛剤で十分に対応できるでしょう。

有効成分だけでなく、浸透力や刺激性までこだわって作られている育毛剤を選ぶと効果を得やすくなります。

中級者は発毛剤!

すでに育毛剤を試したけど効果がなかった。

もしくは、薄毛やハゲの進行が進んでいる人は、医薬品である発毛剤がおすすめです。

医薬品でも、発毛の効果を実感できるまでは長期的な治療になります。

基本的に医薬品は、専門のクリニックでドクターから処方してもらうのがベストです。

薬に耐えられる身体であるか、血液検査などでしっかりチェックするので安全に治療できます。

リアップなどの市販育毛剤を使う場合には、薬剤師の説明を受け、規定量使用方法は必ず守って使用しましょう。

個人輸入で発毛剤を購入する場合は、安全性が確立されていませんのでお勧めすることはできません。

医薬品と医薬部外品についてまとめ!

今回は医薬品と医薬部外品の違いについて解説してきました。

パッケージは同じように見えても、実際には効果や目的が違うものになります。

また、医薬品と医薬部外品では購入場所も違うのです。

さらに、医薬品の場合、規定量を守らなければ重篤な副作用を引きおこすことも考えられます。

医薬品を使用する場合は、効果だけでなく、副作用についても理解して使用するようにしましょう。