頭皮の多汗症って?どんな治療をすれば良くなるの?

頭皮の多汗症を治療するには?

多汗症という言葉を耳にしたことはありませんか?

体温を下げて体を守るため汗をかくことは、私たちが健康な生活を送るにあたってごく当然の生理現象。

ですが何らかの原因で全身、または局所に本人の意思に反して尋常ではない量の汗をかいてしまうことがあります。

これがいわゆる多汗症で、時にはそれが頭皮に発生することも珍しくありません。

大量の汗をかけば人の目が気になるのは当然ですし、日常生活においても多汗症の悩みは深刻ですよね。

はたして頭皮の多汗症には、適切な治療法が存在するのでしょうか?

頭皮の多汗症とは?

頭皮の多汗症とは文字通り、毛髪の生えている頭皮からの汗が通常より多い状態のことを指します。

それも例えば暑さや辛い物を食べたあと、運動後などの特別な状況下でもないのに起こるのが特徴だといえるでしょう。

特に頭皮は大量の汗腺が集まっている場所でもあり、髪の毛の影響を受け非常に蒸れやすい場所でもあります。

一般的に多汗症は、全身に発汗症状が見られる「全身性」と、体の一部にのみ現れる「局所性」があります。

頭皮多汗症は後者に分類されるものです。

国内のみでも実に200万人以上とも言われている、多汗症患者。

発汗症状のせいで日常生活に支障をきたしている、特別な環境下に置かれていないにもかかわらず頭に大量の汗をかく。

これらの症状が見られた場合、頭皮の多汗症を疑ってみてもよいかもしれません。

頭皮多汗症の発汗の種類って?

発汗は理由によって、主に3つの症状に分類することができます。

運動後や辛い物を食べた後、ストレスのかかる状況下など特別な場面に遭遇した時、汗をかいてしまったことはありませんか?

発汗は上がりすぎた体温を下げ、体温を正常に保つためには必要不可欠な生理現象。

つまり汗をかくこと自体は新陳代謝が正常に機能しているということで、むしろ正常だと言えるわけです。

まずは発汗を誘発する原因を知り、頭皮多汗症の発生との関連性を探っていきましょう。

温熱性発汗

気温の高い日や運動した後などに起こり、普通に生活していれば最も発現するケースが多いのがこの温熱性発汗

体温が上昇すると間脳の視床下部の前頭部にあり、熱の生産と放散を司っている体温調節中枢が指令を出すことによって発汗症状が現れます。

手のひらと足の裏を除いた全身に出現し、体温を一定にコントロールする人間の生命維持には極めて重要な機能だと言えますね。

皮膚の表面近くにあり、無色無臭でサラサラした汗を生成するエクリン腺がこの温熱性発汗に関わっていると言われています。

精神性発汗

強い緊張や興奮、恐怖など普通ではない精神状態に置かれた時に、手のひらなどの一部にじわりと汗をかいた経験はありませんか?

脳の前頭葉や偏桃体、海馬、大脳辺縁系は人間の情動に深く関わる中枢で、強いストレス時にこれらが刺激されることで瞬時に発汗します。

「手に汗をかく」「冷や汗をかく」などといった言葉も、この精神性発汗の発現により生まれた言葉だと考えられているんですね。

脇の下や手のひら、足の裏など限られた一部に短時間に汗をかくのが大きな特徴で、時には滴るほど大量に発汗することもある精神性発汗

汗をかくことがストレスになり、さらに重症化する可能性も高い厄介な症状です。

味覚性発汗

一年を通して需要の多い辛い食材や料理。

辛いものを食べている最中や食後に、気付いたら大量の汗をかいていて驚いたことはないでしょうか。

頭皮や顔面などを中心とした上半身に発現するのが特徴で、反射的に発汗し食べ終わるとすぐに落ち着きます。

口腔内の辛さを感じる感覚が強いほど、発汗の範囲は拡大。

味覚性発汗は、辛さの刺激を体の温度上昇だと勘違いした脳によって起こる仕組みだと考えられています。

つまり味覚性発汗は、上記でご説明した温熱性発汗に上乗せして発現する発汗症状というわけですね。

治療が必要な頭皮の多汗症の症状

発汗すること自体は全身の体温を一定に保ち、人間の生命を維持するために必要不可欠な重要な機能。

最近は極度の運動不足などで汗をかかない人も増えているといいますが、むしろこちらの方がよほど不健康だと言えるわけです。

頭皮の多汗症で問題なのはその

日常生活に支障をきたすほどの発汗で困っているのなら、やはり治療で治すことを検討した方が良いでしょう。

頭皮の多汗症には遺伝性のものや病気が原因で発現するケースもあるので、気になる人は医療機関で相談してみるのがオススメです。

睡眠中に発汗が止まらない

頭皮の多汗症には特徴があり、これを病気として認定する局所多汗症のチェック項目に「睡眠中には発汗が止まる」があります。

つまり睡眠中に発汗が止まらない場合は、多汗症以外の何らかの原因が潜んでいる可能性もあることになります

実際内分泌疾患や悪性腫瘍などの病気に罹患した場合、現れる症状の一つに「寝汗」があり、単なる寝汗だからと軽視してはいけません。

頭皮多汗症の症状に加えて酷い寝汗が気になる時は、一度医療機関を訪れ治療も含めた相談をしてみましょう。

緊張時に髪の毛が滴るくらい汗が出る

極度の緊張や不安のかかる状況下に置かれた場合、手のひらや足の裏を中心に汗をかく精神性発汗

この発汗症状は体の局所に現れるのが特徴で、もちろん顔面や頭皮に出現するケースもあります。

頭皮多汗症はこうした精神的ストレスの影響を受けやすく、根本の改善がそのまま多汗症の完治に繋がることも多数。

しかし頭皮多汗症によって嫌な思いをした経験のある人は、汗をかくことがさらなるストレスに発展する場合があります。

「発汗恐怖症」と呼ばれる多汗症、状況を今以上に悪化させないためにも、早めの治療を行うことが大切なんですね。

家族に多汗症の人がいる

多汗症には「全身性」と「局所性」があるとご紹介しましたが、そのうち全身性のものは遺伝要素が多いとされています。

頭皮多汗症は局所性の発汗症状ではありますが、遺伝要素が関わってくると全身性に加わって発現し、悪化することもあります。

特に家族に多汗症の人がいる場合最初の症状が25歳以下で出た場合は、遺伝要素を疑ってみるべきでしょう。

遺伝要因の発汗症状となると自分の努力だけでは限界があり、やはり専門的な知識や治療が必要。

医師の元で適切な治療を受けることをオススメします。

頭皮の多汗症にはどんな治療をすべき?

あまりにも頭皮多汗症の症状が酷い場合、専門的なアドバイスや治療を受け完治を目指すのがベスト。

市販の薬を使うこともできますが、皮膚科や美容皮膚科では外科手術などの本格的な治療が受けられます。

医師に相談すれば自分の発汗症状がどのレベルなのかもよく分かります。

また、高度な治療を実践することでより早い完治が期待できるかもしれません。

ですが顔面や頭皮は保険適用対象外となっていることも多く、やはりある程度の出費は覚悟しておいた方が良いでしょう。

自分にぴったりの治療法を見つけ、一日も早い解決を目指したいですね。

塩化アルミニウムの薬を塗布する

保険外薬剤である「塩化アルミニウム液」を直接患部に単純塗布することで、発汗症状の大幅な軽減を目指す治療法です。

塩化アルミニウム液とは汗の出る穴を変性させることにより発汗を抑える、いわゆる制汗剤のこと。

一部の薬局や通販でも購入可能ですが、皮脂の分泌が多い頭皮に使うには重ね塗りをするなどコツが必要です。

心配な人は医師や薬剤師に相談しましょう。

頭皮は温熱性発汗が活発で重要な場所でもあるので、あまり広範囲にわたって塗布しないこと。

ちなみにあまりにも重度の多汗症には効果が薄いなど、少し難点もあるようです。

マイクロボトックス注射をする

頭部や顔面は保険適用外になりますが、医療機関ではマイクロボトックス注射で治療することも可能です。

1回の注射は5~10分ほどとあっという間に済み、効果は約6か月~9か月持続。

ですが治療の効果を実感するには、年に1、2回の注射をしばらく繰り返さなければなりません。

1回数万円ほどと少々費用はかかりますが、通院のストレスを考えるとトータルとしては妥当だともいえます。

市販の薬や生活習慣の改善だけでは効果が感じられない人は、一度検討してみると良いかもしれませんね。

交感神経を切除する手術を受ける

交感神経切除手術は、局所多汗症におけるいわば最終的な治療。

回復力の高い交感神経の働きを抑えるために、脇の下から内視鏡を入れ発汗の指令を伝達する交感神経を遮断・クリップします。

手術は全身麻酔で行われ、施術時間は20~45分ほど。

内視鏡を使うため傷は極めて小さく、わずかな入院期間での帰宅が可能です。

一度行うと発汗症状は劇的に抑えられ、また再発の可能性も低きなります。

効果が生涯持続する、非常に効果的な交感神経切除術。

頭皮だけでなく手のひらや足裏などの多汗症も同時に抑えられるため、重度の多汗症患者ほど希望する人が多い治療だといえます。

頭皮の多汗症を簡単に自力で治療する方法

軽度の頭皮多汗症であれば、生活習慣の改善で治療や軽減に繋げることも可能です。

なかなか病院に行く時間がない、病院にかかるほどひどい症状ではない人は、是非今日からでもいつもの生活に少し気を配ってみましょう。

精神的なものも大きく関係している頭皮の多汗症。

普段から自分なりの努力をしていると意識するだけでも、改善へ大きく近付けるかもしれませんよ。

次は頭皮の多汗症を自分で治療できる方法をご紹介しますので、気になる人は是非試してみてくださいね。

汗はこまめにタオルで拭く

頭皮に大量の汗をかいたら、とにかくこまめに汗を拭くことが大切。

頭皮に湿気を溜めすぎると、蒸れて余計に発汗が促されてしまいます。

またかいた汗をそのまま放置しておくと、毛穴に雑菌が溜まり抜け毛などの頭皮トラブルにも繋がりかねません。

頭皮からの発汗を意識すると大きなストレスや不安が大きくなり、さらに多汗症が悪化してしまうこともありえます。

普段から清潔なタオルを持ち歩くなどして、気になる時にいつでも汗を拭ける状態にしておきましょう。

交感神経を抑える食品を摂る

頭皮の多汗症改善には、食べ物でアプローチすることもできます。

中でも特に効果的なのは、交感神経を抑える作用のある豆腐納豆

頭皮の多汗症の原因の一つには、ホルモンバランスの乱れからくる自律神経の不調があります。

自律神経のバランスが狂うと副交感神経を上手く働かせることができず、交感神経が常に優位状態。

豆腐や納豆など大豆を使った食品に含まれる、必須アミノ酸やマグネシウムを積極的に摂ることをおすすめします。

これらには脳や神経の興奮を落ち着かせ自律神経を正常な状態にコントロールできる効果が期待できます。

抗菌作用のあるシャンプーを使用する

大量の汗をかくことは、頭皮はどうしても雑菌や余計な汚れが溜まりやすい状態。

そのままにしておくと頭皮トラブルに発展する可能性もありますから、常に清潔にしておくことが重要です。

市販のシャンプーの中には抗菌作用の高いものがありますので、多汗症の人は特にこれらを利用して普段から頭皮の清潔を保ちましょう

次は抗菌作用の高いシャンプーの中でもオススメの商品をいくつかご紹介したいと思います。

ドラッグストアや通販で手に入るものばかりですから、是非上手に取り入れてみてくださいね。

ノンシリコンスカルプDボーテ薬用スカルプシャンプー

加齢が進むほどハリやコシ、艶を失ってしまう髪の毛。

そんな髪のアンチエイジングを目的として開発された、こちらのスカルプDボーテ薬用スカルプシリーズ。

目指したい髪質に合わせ「モイストタイプ」と「ボリュームタイプ」の二種類から選べ、弱った髪へアプローチしてくれます。

アミノ酸系洗浄成分を使い髪に優しいだけでなく、グリチルリチン酸リカジウムの持つ抗炎症作用によって雑菌の繁殖を防止。

ボリュームタイプにはピロクトンオラミンという殺菌剤を配合しており、フケや痒みといった頭皮トラブルに効果的

口コミでもこれらのトラブルが改善されたとの声が目立っています。

コラージュフルフルネクスト

頭皮の多汗症を生む原因の一つにもなる、厄介なフケや痒み。

コラージュフルフルネクストシリーズに配合されているのは、抗真菌(抗カビ)成分であるミコナゾール硝酸塩

この働きにより毎日ただシャンプーするだけで、フケの原因菌を洗い流し頭皮をいつも清潔な状態に保ってくれます。

このフケ原因菌とは皮脂を栄養源に頭皮で生活しているカビの一種で、実は誰の頭皮にも存在。

コラージュフルフルネクストは洗いすぎによる乾燥を防ぎつつ、フケ原因菌に積極的にアプローチします。

どんなシャンプーを使ってもフケや痒みが改善しない方は、一度試してみる価値ありですよ。

CA101

加齢による抜け毛や薄毛に悩む女性に人気のCA101ヘアケアシリーズ。

特に薬用ブラックシャンプーはその名前の通り、「海泥」「薬用炭」といった黒い成分で毛穴の汚れや詰まりにアタック。

炭といえば高い防臭効果や防菌効果でもはやお馴染みですよね。

こうしたミネラルを含む天然成分をふんだんに使い、頭皮に負担をかけることなく厄介な汚れを徹底的に吸着、洗い流してくれます。

また36種類もの植物エキスが配合されていますので、健やかな髪を育むのに必要な保湿力もしっかりキープ。

年齢髪に悩む人にオススメしたいヘアケア商品の一つです。

まとめ

頭皮多汗症の症状や治療法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

遺伝性のものもありますが、自律神経や生活習慣の乱れ、精神的なものが原因となることが多いこの症状。

つまり今は何ともなくても、何かのタイミングで発症する可能性が充分あり得るということですね。

また頭皮多汗症の中には、恐ろしい病気が潜んでいることもあります。

生活習慣の改善などで効果が見られない場合は是非医療機関で相談し、原因の究明とともに適切な治療で完治を目指すことが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です