薄毛の原因と対策|あなたの髪が抜ける理由はコレ

薄毛

薄毛の情報をすべてお伝え!

朝起きた時の枕元や洗髪時に大量の抜け毛。

年々ボリュームがなくなっている生え際や頭頂部。

これって薄毛の症状が始まっているのかも…とネットで調べたことはありませんか?

さまざまな情報が溢れかえってるばかりに、結局何を信じて良いか分からない!ということもありますよね。

今回は薄毛の症状に悩み始めた方のために、症状から原因、対策まで1からご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

薄毛の症状一覧!あなたはどれに当てはまる?

薄毛といってもさまざまな症状があります。

症状によっては原因が異なることもあるため、まずは自分の症状がどれに当てはまるかを知りましょう。

下記では薄毛症状の種類と特徴について解説していきます。

生え際など前頭部の薄毛

薄毛の症状、1つ目が生え際や前頭部などの薄毛です。

前髪のボリュームダウンや、生え際が後退していくのが特徴です。

おでこの左右にそりこみが入ったように後退していけばM字ハゲ前頭部から頭頂部にかけてU字状に後退していけばU字ハゲと言います。

少しずつですが確実に進行するので、写真や鏡などを見てギョッとしてしまう方も多いそうです。

生え際は顔に近いため視線を集めやすく、人からも気づかれやすいだけにコンプレックスになりがちな箇所です。

また、シャンプーのすすぎ残しやセットする時に強く引っ張られるなど、外的刺激を受けやすい部分でもありますね。

前頭部の薄毛は頭部全体の薄毛の始まりともいえますので、早めのケアが重要になります。

つむじなど頭頂部の薄毛

続いての症状は、つむじや頭頂部を中心に表れる薄毛についてです。

つむじや頭頂部付近からO字型に薄毛が進行するため、O字ハゲと呼ばれていますね。

実は日本人には薄毛の中でも、このO字ハゲが特に多いとされているんですよ。

座った時、お辞儀をした時などに人目が気になってしまう人が多いようですね。

頭頂部は紫外線などの影響をもっとも受けやすく、対策を怠っていると抜け毛に繋がってしまうことも…。

また詳しくは後述しますが、男性ホルモンの影響を強く受けてしまう場所と考えられています。

生活習慣の乱れからも薄毛が進行しやすいので、食生活や睡眠を見直しましょう。

後頭部の薄毛

3つ目にご紹介するのは、頭の後ろである後頭部に表れる薄毛です。

これは生え際や前頭部とは違って、自分では中々気づきにくい箇所。

そのため、気づいた時にはかなり進行していた…!というケースも少なくありません。

後頭部だけ薄毛の症状がある場合には、円形脱毛症や脂漏性脱毛症などの疾患も考えられます。

また進行がひどくなるにつれ、頭頂部や前頭部と薄毛部分が繋がり全体的にハゲてしまうこともあります。

まずは薄毛の症状と頭皮の状態をよくチェックしてみましょう。

側頭部の薄毛

最後にご紹介するのは、側頭部に表れる薄毛症状です。

実は、薄毛症状の多くは生え際や頭頂部がほとんどで、サイドの毛は残ることが多いです。

ではなぜそんな側頭部がハゲてきてしまうのか。

考えられる原因の1つに、甲状腺機能低下症があります。

この疾患は甲状腺ホルモンが多すぎる、または少なすぎることで引き起こされ、症状の1つに脱毛があるのです。

甲状腺機能低下症はむくみや皮膚の乾燥、疲れやすいなどの症状も併発することもあります。

このような症状も一緒に見られたら、一度医療機関を受診してみましょう。

また眼精疲労に伴う血行不良や、髪の毛が慢性的に引っ張られることで引き起こされる牽引性脱毛症の可能性も考えられます。

その薄毛の正体は大きく分けると3つ!

薄毛の症状について簡単にご説明しました。

中には病気の症状として表れる薄毛症状もありますが、主な正体は3つに分けられます。

では一体薄毛の正体とは何なのか、詳しく解説していきましょう。

AGA(男性型脱毛症)

 

「男性型脱毛症」ともいわれるAGA

男性の多くの薄毛の症状は、このAGAが原因であると言われています。

髪の毛は通常、2年~7年かけて太く長い髪に育つというヘアサイクルがあります。

ヘアサイクルが正常であれば、髪の毛は太く健康的に育ち、抜け落ちるまでにも時間を要するため薄毛にはなりません。

しかし、AGAになった場合、男性ホルモンの影響でヘアサイクルが短くなり、髪が十分に育つ前に抜け落ち薄毛症状が起こります

この薄毛を引き起こす男性ホルモンは、特に生え際や頭頂部に多く存在しているのが特徴です。

そのため生え際や頭頂部のハゲが気になる男性は、AGAの線を疑った方がいいでしょう。

FAGA(女性男性型脱毛症)

続いてご紹介するのは、AGAの女性版とも言われるFAGA(女性男性型脱毛症)です。

女性は女性ホルモンの影響で、一般的に男性に比べても豊かで艶やかな髪の毛を保ちやすくなっています。

しかし環境の変化で女性ホルモン量は減少。

すると男性ホルモンの影響が大きくなり、女性でも薄毛になってしまうのですね。

ただ、女性の場合は男性とは違って局所的な薄毛ではなく、全体的にボリュームダウンしてしまうのが特徴です。

髪の毛が細くなってきたり、分け目部分が目立つようになってきたらFAGAを発症している可能性が高いと言えるでしょう。

生活習慣の乱れ

薄毛の背景には不規則な生活習慣が隠れているケースもあります。

乱れた生活は頭皮環境を悪化させ、髪の毛の成長を妨げるため薄毛を引き起こしてしまいます。

例えば以下に当てはまる方は、薄毛の正体が日頃の生活習慣である可能性が高いでしょう。

  • 過度なダイエットや、偏った食生活をしている
  • 慢性的に睡眠不足
  • 運動不足
  • ストレスを常に感じている

上記の中に当てはまるものがあれば、できるだけ改善したほうが頭皮環境に良いでしょう。

しかし、現代社会において全く乱れていない生活習慣を送るのは難しいのが現状です。

すぐに完璧にする必要はないですが、薄毛を改善したいのであれば最低限、食事と睡眠だけはしっかり整えたほうがよいでしょう。

生活習慣の乱れの具体的なお手入れ方法は次の項目でご紹介しますね。

薄毛の主な原因と対策方法【7選】

薄毛の正体を大きく分けると「AGA」・「FAGA」・「生活習慣の乱れ」の3つであることが分かりました。

では、これらを引き起こす原因を対策することはできるのでしょうか。

薄毛の具体的な原因とその対策方法を7つご紹介していきます。

男性ホルモン(DHT)の増加

男性の薄毛の場合、多くの要因となるAGA。

先ほど、男性ホルモンの影響で引き起こされるとご紹介しましたね。

その男性ホルモンというのが「DHT」です。

このDHTは、筋肉や体毛を増加させる「テストステロン」という男性ホルモンに、5αリダクターゼという酵素が結合して変化したものです。

DHTには細胞に脱毛を指令する働きがあり、ヘアサイクルを乱してしまうのです。

現段階のAGA治療では、5αリダクターゼを抑制してDHTの生成を防ぐ、という方法が取られています。

5αリダクターゼを阻害するためには、クリニックで処方してもらう治療薬や専用の育毛剤などを用いるのが主流となっています。

加齢・老化

2つ目の薄毛の原因は、加齢や老化によるものです。

加齢による衰えは身体や肌だけでなく、頭皮にも影響します。

頭皮の潤い・柔軟性が保たれなくなり、新陳代謝が若いころのように活発に行われなくなるとヘアサイクルが乱れます。

血行も悪くなり、毛根に栄養が行き渡らなくなるので、髪1本1本が細く地肌が目立つようになるでしょう。

加齢による薄毛は、局所的に表れるというよりは、全体的に髪が細くコシがなくなることで目立つようになります。

ただ、加齢だからといって薄毛が改善しないわけではありません。

年齢とともに衰える部分は、正しいケアをすることで改善させる効果も期待できますよ。

食事で栄養を摂ったり質のいい睡眠をとったりした上で、育毛剤などを使ってヘアケアをしていくといいでしょう。

遺伝

よく薄毛は遺伝するという話を聞きますよね。

厳密にいうと薄毛の症状そのものが遺伝するわけはなく、「薄毛へのなりやさすさ」が遺伝すると考えられています。

具体的に遺伝するのは以下の2つです。

  • 5αリダクターゼの量を決める遺伝子
  • アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)の感受性を決める遺伝子

男性ホルモンの項目でも記述した、男性ホルモンを変換させる「5αリダクターゼ」。

この酵素の量が多ければ多いほど、多くのDHTが作られるため薄毛が進行しやすいのです。

そして、DHTは薄毛に関係するとお話ししましたが、実はDHTは作られただけですぐ薄毛になるわけでありません。

アンドロゲンレセプターという、ホルモンを感知する場所に反応することで髪の成長が妨げられるのです。

このホルモンを感知する感度の高さは遺伝すると言われています。

そのため、アンドロゲンレセプターの感受性が高い人ほど薄毛になりやすいのです。

これらの遺伝子は、母親から受け継ぐX染色体に含まれる情報なため、母方から薄毛情報は遺伝します。

100%遺伝するわけではないのですが、自分に薄毛の遺伝子があるか気になる人は遺伝子検査ができるクリニックで相談してみるのもいいでしょう。

薄毛になりやすい遺伝子がある場合、それ自体を変えることはできません。

しかし、どれだけDHTの感度が高くても5αリダクターゼを抑制すれば薄毛の対策はできます。

遺伝的に薄毛になる可能性があるのであれば、お手入れを万全にしましょう。

睡眠不足

4つ目の薄毛の原因は、睡眠不足です。

髪の毛は寝ている間に成長し、日中のダメージを修復します。

そのため、睡眠が不足していると十分に髪の毛が成長しなくなってしまうのです。

髪の毛の成長に関わる「成長ホルモン」は、入眠してから3時間後に最も多く分泌されると言われています。

よって、この成長ホルモンが多く分泌されている間に質の高い睡眠をとることが大事です。

仕事などで忙しくたくさんの睡眠時間が確保できないという方は、質の高い睡眠にこだわりましょう。

寝る前のスマホやテレビを避ける、寝酒をやめる、食事は睡眠の2時間前に済ませるなど、工夫してみてくださいね。

乱れた食生活

5つ目の薄毛の原因は、乱れた食生活です。

髪の成長に必要な栄養は食事から摂取します。

また、栄養は生命維持に必要な場所に優先的に供給されるため、髪の毛に届くのは後回しになります。

そのため、過度な食事制限や偏食があると、髪の生成に必要な栄養が毛根に届かないのです。

ただ、規則正しくバランスの良い食事をとればいいと分かっていても、なかなか難しいですよね。

そこで、髪の成長に必要不可欠な「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン」だけは欠かさないということを意識してみましょう。

また、油分の多い食事は皮脂の分泌を増加させ、頭皮環境を悪化させてしまいます。

間食や肉類が好きな人は、脂質を摂りすぎる傾向にあるので注意しましょう。

運動不足

運動すれば毛が生えてくるわけではありませんが、運動不足で薄毛が進行することはあります。

運動不足は血行不良に繋がることがあるので注意が必要です。

髪の毛の栄養は血流によって運ばれるため、血行が悪いと成長の妨げとなってしまうのです。

加齢とともに運動量は減ってきますので、できるだけ意識して運動をするようにしましょう。

また、適度な運動はストレス発散になり薄毛対策にも繋がります。

ウォーキングなどの有酸素運動はとくに効果的ですので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

過度なストレス

最後にご紹介する薄毛の原因は、過度なストレスによるものです。

ストレスを受けると交感神経という自律神経が活発になります。

交感神経は血管を収縮させる作用があるため、慢性的なストレスは血行不良の原因になってしまうのです。

またストレスは睡眠の質を低下させ、薄毛を進行させる要因でもあります。

このように、ストレスは心だけではなく髪の毛にも大きな影響を与えてしまうのですね。

しかし現代において、まったくストレスを感じずに生きていくのは難しいです。

肝心なのは受けないことではなく、こまめにリフレッシュすること。

適自分なりに楽しめるものやリフレッシュできるものに、適度に時間を費やしてみてくださいね。

これも!?意外な薄毛の原因もチェック【5選】

ここまでは薄毛の主な原因とその対策方法7つをご紹介しました。

しかし、実は他にも薄毛を引き起こす意外な原因があるのです。

続いて、上記以外の薄毛の原因について解説していきたいと思います。

喫煙・タバコ

タバコは百害あって一利なしと言いますが、薄毛に対しても害があります。

その理由は以下のとおり。

  • ニコチンが血管を収縮させ血行不良に繋がる
  • 髪の生成を助けるビタミン類が破壊され栄養が行き渡りにくい
  • 男性ホルモン(DHT)が増加する

主に頭皮の血行を悪くし、髪の成長を妨げることで薄毛の原因になってしまうのですね。

また、心配なのが男性ホルモンの増加です。

アメリカのハーバード大医学の研究では、喫煙をすることで男性ホルモンが10~30%増加するという結果が出ているそうです。

薄毛が心配な人、薄毛が気になっている人はできるだけ禁煙をしたほうが良いでしょう。

過度な飲酒

飲酒は適度であればストレス発散にもなり、一概に悪いとは言えません。

しかし、過度に飲みすぎると薄毛を進行させる原因になります。

  • 髪の元になる栄養素がアルコールを分解する時に多く消費される
  • アルコールが栄養の吸収の邪魔をして髪に栄養が届かない
  • 過度な飲酒で男性ホルモン(DHT)が多く作られる

せっかく食事で取り入れた栄養素も、過度な飲酒によって消費されてしまっては髪の成長に繋がりません。

適度なお酒はストレス発散、血行促進など、頭皮にもいい影響があります。

しかし飲みすぎには注意しましょう。

目の疲れ(眼精疲労)

目の疲れと薄毛にどう関係が?と疑問に思えてしまいますが、眼精疲労にも注意したいところ。

眼精疲労が薄毛に繋がってしまう理由は、以下の2点です。

  • 眼精疲労によって肩・首が凝り頭皮の血行が悪くなる
  • 眼精疲労の回復のために育毛に必要なビタミン類が多く消費される

仕事上パソコンを使っていたり、日常でもスマホを使うことを考えるとどうしても目を使う頻度は高くなります。

目を酷使してしまった分は、ストレッチやアイマスクをしてしっかりと労わりましょう

また、眼精疲労を改善するサプリメントを取り入れるのも1つの方法です。

女性ホルモンの減少

先ほども少し、女性ホルモンの減少については触れましたね。

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の毛を発達させ成長を持続させる働きがあります。

そのため、女性ホルモンが減少すると髪の成長が滞り薄毛の症状が現れます。

一般的に、女性ホルモンの量は年齢を重ねるにつれて減少していきます。

その他にも出産や生活週間の乱れなどによって、若くてもホルモンバランスが崩れて薄毛の症状が表れてしまうこともあります。

生活習慣の乱れを改善しホルモンバランンスを整えることで、しっかりとお手入れをしましょう。

間違った髪の手入れ

薄毛対策のために、良かれと思ってやっている頭皮ケア。

なかなか効果が出ない、むしろ薄毛が進んでいる…ということはありませんか?

そんな時に見直していただきたいNGお手入れは以下のとおりです。

  • 頭皮の洗いすぎ
  • シャンプーの洗浄力が高すぎる
  • 育毛剤、整髪料のつけすぎ
  • 頭皮マッサージ、ブラッシングの力が強すぎる

特に注意したいのが、洗髪についてです。

私たちが毎日行う一番身近なヘアケアが、シャンプーですよね。

汚れをしっかり落とすために、と洗浄力の強いものでゴシゴシと洗っては頭皮のダメージとなってしまいます。

シャンプーは、洗浄力のやさしいもので不要な汚れだけをしっかり落とすことを意識して行いましょう。

また、頭皮は基本皮膚なので、マッサージやブラッシングの時も爪を立てず、程よい力加減で触ることを心がけましょう。

本気で薄毛対策をしたい方におすすめの方法

ここまでは、薄毛の原因を取り除く対策をご紹介しました。

では、より積極的に薄毛をケアするには、どのようなお手入れを取り入れると良いのでしょうか。

続いて具体的な方法をご紹介します。

育毛剤を使う

積極的な薄毛のお手入れの中でも、一番最初に思いつくのが育毛剤ではないでしょうか。

色々な種類の育毛剤がありますが、どの商品も頭皮環境を整える成分が豊富に含まれています。

どれを選べばいいのか迷ってしまうと思いますが、自分の薄毛の症状に合った育毛剤を選ぶことが大切ですよ。

例えばAGAの男性であれば、5αリダクターゼを阻害する成分が配合されているのを選ぶと良いでしょう。

薄毛の原因にアプローチする成分が入っているかどうかが、効果実感を左右することになります。

この後、おすすめの育毛剤についてもご紹介するのでぜひご覧ください。

頭皮マッサージ

頭皮の血行を促すために効果的な方法がマッサージです。

時間をとってやろうと思うと難しいですが、私たちは毎日シャンプーをする時に頭皮を触る時間があります。

簡単でもいいので、毎日継続すると頭皮環境の改善につながります。

簡単なマッサージ方法を紹介してくれている動画もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

頭皮のツボ押し

薄毛対策において、簡単に取り入れることができるのがツボ押しです。

ツボを押したぐらいで薄毛が改善するの…?と疑いたくなりますが、血行促進に効果的です。

薄毛対策におすすめのツボはいくつかありますが、一番簡単なものを紹介します。

百会(ひゃくえ)

画像にあるように、頭のてっぺんにあるツボです。

身体の緊張をほぐし、リラックスさせ全身の血行を良くする効果が期待できます。

百会は、顔の中心と両耳を結んだ線がぶつかる場所にあります。

人差し指と中指で痛気持ちいいくらいの強さでグっと押してみてくださいね。

植毛・増毛を行う

これまでにご紹介した薄毛対策は、毛根が残っている場合には有効です。

しかし、すでに毛根がなくなっている場合には髪を増やすことはできません。

そのため、どうしても髪を増やしたい場合は、植毛・増毛も検討してみると良いでしょう。

増毛は、短時間で手軽に髪を増やすこともできます。

自毛植毛は自分の毛根を移植するため、移植後の定着率が高く髪の毛が安定して生えてくるメリットがありますよ。

ただし1回あたりの金額は高く、髪が生えそろうまでの時間がかかるなどのデメリットもあるので注意しましょう。

育毛シャンプーを使う

毎日使うシャンプーを、頭皮環境を整える効果があるものに変えるのも効果的です。

シャンプーで毎日しっかりと清潔にしていても髪の毛が抜ける…。

そんな時はシャンプーの洗浄力が合っていないのかもしれません。

薄毛でお悩みの方におすすめするのは、アミノ酸系の洗浄成分を使ったシャンプーです。

優しくマイルドな使い心地ながら、汚れはしっかりと落とし、頭皮をケアする成分も贅沢に配合されていますよ。

各社で返金保証制度も用意され、手軽に試せるものも多くありますので自分に合った商品を探してみましょう。

後ほど、おすすめのシャンプーをご紹介します。

専門のクリニックに行く

薄毛の原因や対策方法についてご紹介しましたが、素人目で原因を特定するのは難しいことも。

お手入れをしてもなかなか結果が出ない時は、専門のクリニックに相談してみましょう。

薄毛対策はスピードが勝負です。

毛根が活動を止めてしまってからでは間に合いません。

クリニックに行くの勇気がいりますが、頑張っても駄目だった場合は早めに検討しましょう。

薄毛対策に特におすすめのヘアアイテム

積極的な薄毛対策の中で、育毛剤、育毛シャンプーの使用をご紹介しました。

しかし、育毛剤もシャンプーも数多く販売されていてどれを使えばいいか迷いますよね。

そこで、薄毛対策に効果的な商品をおすすめします。

プランテルEX

まずご紹介したい育毛剤は、AGA専門のプランテルEXです。

プランテルEXには、ミノキシジルよりも高い育毛効果が期待できるリデンシルが高濃度配合されています。

また独自成分のペブプロミンαは、AGAの原因である5αリダクターゼを阻害する効果に期待ができる成分です。

その他にも3種類の有効成分・23種類の植物成分・16種類のアミノ酸が、頭皮環境を整えてくれる効果に期待ができます。

このようなプランテルEXですが、2018年のリニューアル直後から人気が高まり供給不足が続いていました。

現在では復旧していますが、いつ再び同じ状況に陥ってしまうのかわからない状態です。

使用を検討される方は公式サイトをご覧のうえ、早めの購入をおすすめします。

運営スタッフ
プランテルEXは現在も供給不足が続いております。

以下の公式サイトのボタンをクリックしてページが表示されなかったら売り切れてしまっている状態です。

在庫がまだ残っていたらページが正常に表示されるので、公式サイトが表示されるかを確認し、もし在庫が残っていたらお早めに購入することをおすすめします。

公式サイトはこちら

ルルシア

続いて紹介する育毛剤は、2018年夏に発売された注目を集める女性用育毛剤ルルシアです。

女性の薄毛は男性よりも複雑な要因が重なって引き起こされてしまうもの。

そのため人によっては原因も様々ですが、原因によって2タイプから選べるのがルルシアの最大の特徴!

1つは、加齢やストレスで変化したホルモンバランスからくる薄毛に対応する「ルルシア ルフレ」。

そしてもう1つが、栄養不足などの生活習慣で悪化した頭皮環境にアプローチする「ルルシア シャルム」です。

原因が違ければ効果的なケア方法も当然違うもの。

ルフレには女性ホルモンに似た作用を持つ植物由来成分が、シャルムにはケラチンやビタミンなど不足しがちな栄養素が贅沢に配合されています。

どちらも無添加処方で、女性の敏感なお肌にも優しく使えるのも魅力ですね。

自分の薄毛にはどちらが合っているか分からない…!という方は公式サイトで簡単診断ができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

公式サイトはこちら

チャップアップシャンプー

シャンプーは、優しい洗浄成分のものを選ぶのがポイントだとお伝えしました。

薄毛に効果的なシャンプーとしてご紹介したいのは、モンドセレクション金賞を3年連続で受賞したチャップアップシャンプーです。

チャップアップシャンプーは、頭皮に優しいアミノ酸系の洗浄成分を使用しています。

また、頭皮環境を整えるオーガニック成分を10種類、植物系成分を22種類も配合した商品なんですよ。

そして無添加なので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

男女問わず使えて、ノンシリコンシャンプーでありながら使用感も悪くないと人気を得ています。

一度公式サイトをのぞいてみてはいかがですか?

公式サイトはこちら

薄毛対策はいつから始めればいいの?

具体的にいつから、という決まりはありませんが、薄毛対策は早めにはじめることが大切です。

薄毛の原因でも紹介しましたが、遺伝的に薄毛の可能性がある方は特に注意したほうがいいでしょう。

また、すでに薄毛の症状がある方は早急に対策を開始しましょう。

薄毛はそのままにして自然と改善するものではありません。

生活習慣を改善していくことは大事ですが、育毛につなげるには時間がかかります。

育毛剤などを使った積極的なお手入れをはじめることをおすすめします。

薄毛の原因を知って対策しましょう

薄毛についてまとめてご紹介しましたが、いかがでしたか?

この記事を読まれている方は、現在薄毛のお悩みや心配があるのだと思います。

薄毛の原因は複合的で、これをすれば改善できる!というわけでもないのが難しいところです。

しかし何か1つでもお手入れに取り入れることで、薄毛の進行を食い止めることができるかもしれません。

自分でできることに限界を感じた時には、クリニックへの相談も視野に入れてお手入れを頑張ってみましょう。